盛夏

自然界に存在する生物のひとつである人間は、自然の力によって生かされています。
だからこそ、自然の変化に従っていきるのが本来。これは薬膳の基本的な考え方です。
つまり、自然の変化=季節と人間の体には、密接な関係があるということ。
そこで、暑さがつのる真夏には、何をどう食べればいいかについてお話ししましょう。

灼熱の夏がやってきました。この時期は、暑さで汗がどんどん出ます。
汗をかくのは仕方がないにしても、汗といっしょに気(パワー)も消耗してしまうのが
この時季のこわいところでもあります。
気の消耗は、元気がない、やる気がない、疲れる、だるい、などといった症状になってあらわれます。
「暑さ」に対する対策は、体内から熱を取り除く寒涼性の食物をとることがいちばん。
バランスのとれた食事で、パワーを補いましょう。
また、この時季は、生命の象徴であり、血液を全身に循環させる心臓の活動が活発になる反面、
湿気により胃腸の機能は低下します。
心臓機能を高め、消化のいい食品選びを心がけることも大切です。
体を冷やし、熱を取り除く効果のある、なすやわかめ、トマト、とうがん、また消化がよく、
胃腸に優しい梅干しやかぼちゃ、しそ、山いも、いらいらを鎮めるセロリや豆腐、ゆり根などをたっぷりとりましょう。
また、牛肉やマトン、もち米など、甘味で温熱性の食物は体に湿気をためやすいので、とるのを控えましょう。

今月のレシピ
この時季は、自分の体質に合わせ、基本的には、寒の料理を中心に、
平の料理を組み合わせて、バランスをとりましょう。
※詳しいレシピがございます。
たっぷり野菜の
ミートソーススパゲッティ
牛肉のたたき 松の実ソース 豆乳のフルーツジュース
平イメージ 温イメージ 寒イメージ