秋

自然界に存在する生物のひとつである人間は、自然の力によって生かされています。
だからこそ、自然の変化に従っていきるのが本来。これは薬膳の基本的な考え方です。
つまり、自然の変化=季節と人間の体には、密接な関係があるということ。
そこで、残暑が残る初秋から秋にかけては、何をどう食べればいいかについてお話ししましょう。


さて、季節が本格的な秋になると、人の体も乾きがち。
口、鼻、喉、そして皮膚や髪も乾燥しやすく、呼吸器系も不調になりがちです。
肺を温め、喉を潤し、咳を鎮める食物、たとえば梨や大根、栗、ぎんなん、
れんこんや白きくらげなどを積極的にとりましょう。
また秋は、冬に備えてエネルギーを蓄える大切な時季でもあります。
根菜類やいわし、さんまなどの青魚、穀類、果実など、
実りの秋ならではの旬の素材をたっぷり使って、温平寒バランスのとれた食事を心がけましょう。


今月のレシピ
この時季は、自分の体質に合わせ、基本的には、平の料理を中心に、
温・寒の料理を組み合わせて、バランスをとりましょう。
※詳しいレシピがございます。
帆立貝としょうがのリゾット 鶏肉と花豆のトマト煮 酸辣湯
温イメージ 平イメージ 平イメージ