※材料の頭にあるマークは、材料の性質を表すもので
▲=
 ●= ▼= です
平 塩味だけのさっぱりとした炒めものです。
白きくらげは整腸作用に、
干しゆりは鎮静作用に優れた漢方生薬。
芝えびと白きくらげ、干しゆりの炒めもの
材料

作り方
▲芝えび(むき身) 200g
●白きくらげ 10g
●干しゆり 15g
●さやえんどう 4枚
▼ふくろたけ 4個
 下味用(塩小さじ1/3 片栗粉小さじ2)
 ねぎ、しょうが(それぞれ1cm四方の
 薄切り)各少々
 合わせ調味料(酒大さじ1 塩小さじ1/2
 こしょう少々 チキンブイヨン50cc)
 水溶き片栗粉 小さじ2
 サラダ油 大さじ1
 揚げ湯
.芝えびは洗って背わたを取り除き、下味の材料をまぶす。
.干しゆりと白きくらげは水につけてもどして、水気をよくきり、白きくらげは適当な大きさに切る。
.ふくろたけは1個を横3つに切り、さやえんどうは斜め2つに切る。
.揚げ油を140℃くらいに熱してえびを入れ、油通しして取り出す。次に、ふくろたけ、さやえんどう、干しゆりの順に油通しする。
.の鍋の油を少し残してきり、ねぎとしょうがを炒める。香りが出てきたら白きくらげを入れて少し炒め、油通ししたの材料をすべて入れて炒め合わせる。合わせ調味料を加えて手早く味をからませ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、サラダ油を回し入れて仕上げる。