Jan 15th 2006

私とパールは町田のウェスティー・ファミリー・フレンズに囲まれて緊張と喜びの時間を過ごしました。

私の右隣にいるのがカリスマ・トリマーであり、チャンピオン犬を何頭も出している福山英也先生の奥様です。番組「犬と歩けば」では犬のことはすべて福山先生にご相談していました。
まさに歩く犬の百科事典!
そして、カリスマ・トリマーの福山夫人の手に掛かると、みんな美人やハンサムになってしまうから不思議。

そんなある日、私が町田で版画展を開くと聞き、
奥様が町田のウェスティー・ファミリー・フレンズを集めて下さいました。
まあ、公園に着いたらびっくり!
いるはいるは、ウェスティが何十頭も。
結局、最終的に数えたらなんと22頭!
どれがパール???

パールは始めてこんなにたくさんのウェスティに会ったのでタジタジ・・・。
でもしっぽは相変わらずピーンと立っていたので、この子はやはり本当に強い子かも知れない。
飼い主に似たのでしょうか!

集合写真の後で、パールは2才の「平井賢」ばりのクリン君が好きになったようで、
しきりにそばでしっぽを振っていました。クリン君もしっぽを振って友好表現。
このクリン君はドッグフード・シーザーのスター犬リキポンの息子。
「まあ年下の彼に惚れるなんて、今の流行ね」
なんて笑いながら福山夫人と話していたら、突然、「パールは僕のモノ」と決めたのでしょうか、
クリン君が私の皮パンにマーキング!
なるほど。犬の世界も、人間の世界もお気に入りの子をガールフレンドにしたいときは、
まず親に意思表示をするのでしょうか。(笑い)
クリン君の飼い主さんは大慌て、でも私は大笑い。
わあわあ騒ぎながら楽しい良い時間でした。

この次は八ヶ岳で会いましょうと約束をして、お別れしました。
楽しみにしています。