Mar 5th 2007

伊豆へブランディに会いに行ってきました。
元気になったブランディを見るのは本当に嬉しかったです。

ブランディは早足で階段をスタスタ下りて行くんです。それも楽しそうに。
手術をしてくださった天野先生ありがとうございます。こんなに元気になったなんて本当に信じられないです。あの魔の7月22日から7ヶ月。ブランディはもう一度命をもらったんですね。裏庭のお散歩がこんなに嬉しそうで、良かった良かった。

パールはブランディが大好きです。あんなに心配していたブランディに会うのは手術で東京で一緒にいた以来です。お互いに見つめあい確かめ合い、それはいい光景でした。このショットはぜひ皆様に見ていただきたかった。

カイザーは1年6ヶ月の腕白坊主で可愛いです。「犬は喜び庭跳ね回る」とはこのことを言うのだとよく分かりました。
”パールおねえちゃん、遊ぼうよ”と言ってるようで、まあまあそれはよく跳ねる。

でもあまりのしつこさにパールはワンワン大声を出していましたけど。(笑い)
本当は犬同士で解決させるのがいいのですけどね、あんまりひどいのでやめなさいと叫んでしまいました。まったくもう、ハラハラします。そんなときブランディがもうやめたら?と仲裁に入りました。さすが長老。
でも結局はみんな仲良しなのね!犬の社会はこうなんです。
長老に尊敬の念がちゃんとあるみたい。私とのショットを取ったとき、なんとパールもカイザーもちゃんとブランディを見てました。すばらしい。

晴れた伊豆での旧正月の朝でした。