Feb 12th 2008

パールの手術から1ヶ月半が過ぎました。
この子は本当に天から私を助けに来てくれた天使です。
悲しいときは涙をぬぐってくれ、楽しいときは一緒に笑ってくれ、無償の愛をずっと私にくれたエンジェルです。
少しでも長く生きていてほしいと毎日お祈りしてます。

今は西洋医学、ホメオパシー、サプリメント、食事、針灸、マッサージ、そして運動と気功で体力をつけ、ガンと戦っています。出来ることはパールのストレスにならない限り、やってあげようと思っています。
実は私の誕生日にパールも40分ほど出席したら、翌日から2日間熱を出してしまいました。
39.7度。抱いていると湯たんぽのように熱かったです。薬は飲まないし大好きな手作りご飯も食べません。
まだ、大勢の人の中に居るのは無理だったのでしょう。 本当に後悔しました。
可哀想にハーハー息をしているのを側にいて見るのは辛かったです。水を口まで持って行くとやっと起きて飲むぐらいでした。後は寝っぱなし。
そうか、水を飲むって言うことは冷たいモノなら喉をとおる・・・・・。
そう思っておかゆをあえて冷たくしてあげたら、気持ちがいいのか、おいしいのか、ぺろっと食べてくれました。
これで、まずは一安心。
二日目もその調子で、食べさせ、休ませました。熱はまだあったんですが、食べてくれるのでよかったです。その他に、西瓜のジュースと、カボチャの冷たいスープ。これで大夫救われました。
また、頭に熱が集まっていたので、先生からの指示で首の後ろをビニールに入れた水のタオルで何回か冷やしたら、これがよく効いたのでしょう、ぐっと眠りが深くなり、翌日は元気にご飯をよく食べました。熱も下がってやれやれ、これで大丈夫!2日間とも食事とトイレ以外は24時間寝っぱなしだったんです。

今、パールはとても元気です。 少々最後に血尿は出ますが、これは膀胱の癌を患っている限りは仕方が無いことのようです。出る日も有れば出ない日も有る。それの繰り返しです。
重要なことはパールが幸せで楽しいかと言うことです。
今、彼女はご飯が大の楽しみ。お友達のDecoさんが又お料理を作りに来てくださいました。
後はパールと楽しいことをなるべくするようにしてます。この、楽しみや喜びが免疫を高める重要な要素だと思います。
毎日毎日を楽しく、今日も有りがとうと言いながらながら過ごしています。

パール本当にありがとう。あなたの笑顔はどんなモノより嬉しいわ。
ジュディママは頑張りますよ。