Feb 4th 2011

「もうダメもうダメ」と唸りながら描いていた白日会作品の下絵が、昨日やっと出来上がりました。引き際が大切といつも思うんですが、中々踏ん切りが付かないのが絵描きでしょうか。でも、もう時間切れで早く彫り始めないと間に合わない〜!

今回は中国の桂林を描いています。緑と墨とグレーがメイン。少しだけ赤を入れてアクセントに!

いつものことですが、新聞紙を下に敷くのは筆に乗った色の濃さを見るため。何度も濃さを調整して始めて絵の上に筆を下ろすんです。

どんな絵になるのでしょう!
白日会は今年も六本木新国立美術館で開催です。
3月16日〜3月28日まで
見に来てください。